プロミスログイン

MENU

プロミスと銀行のカードローンを徹底比較

プロミスの審査基準はメガバンクカードローンの保証会社も務めるほどなのでしっかり審査してくれるという印象です。しっかり審査してくれると言っても当然金融トラブルの事実がある場合や、審査の際に虚偽の情報を記入した場合は審査を通過できない可能性大です。

 

 

銀行カードローンとプロミスのならどちらが審査をパスし難いですかねぇ?


これは銀行のカードローンでも同様ですので正確な情報を伝えましょう。プロミスのほうが審査にパスし易いというのはあくまでもイメージに過ぎません。レディースキャッシングでは与信のある主婦であれば利用する事は可能です。

 

 

一般的に銀行カードローンのほうが審査が厳しいようなイメージだけど融資の希望金額や申込者の状況にもよるので一概のどちらがとは言い切れないわね。


主婦をしながらパート・アルバイトで一定の収入があることが条件ではありますが、金融機関で主婦向けに融資をしてくれるというだけでもかなり利用者の幅が広がります。しかし、安定した収入があることが条件のため専業主婦は融資を受ける事ができません。

プロミスを利用できないケースとは?

一方で銀行のカードローンでは収入のない専業主婦でも30万円といった低めの限度額ではありますが、融資が可能になっています。もし専業主婦で融資を受けたい場合はプロミスではなく銀行で借りる事になります。

 

 

私みたいな専業主婦は銀行カードローンを利用するしかないのかなぁ・・・


また、プロミスで専業主婦が融資を受けられない事は総量規制が影響しています。この総量規制は年収の3分の1を超える借金をできないようにしているもので、収入がない場合は融資が受けられなかったわけです。

 

 

サラリーマンでもフリーキャッシングは年収の3分の1迄しか利用できません。


しかし、この総量規制は銀行は対象外となっています。専業主婦に限らず、一定の収入がある場合でも年収の3分の1を超える融資はプロミスでは受ける事ができません。総量規制の影響で審査を通過することができないのです。

 

この場合も銀行のカードローンを利用すれば審査に受かる事ができるかもしれません。もっとも返済が問題なく行えるであろう収入がなければ審査に受かることはできないので注意しましょう。

プロミスのサービスが影響を与えるイメージは?

プロミスは即日融資に特化したサービスが豊富で消費者金融の中でも最もニーズの高い消費者金融です。特に審査スピードだけでなく融資実行が早いことから緊急でお金が必要な場合には銀行カードよりも絶対におすすめです。

 

 

審査スピードが早い=審査の難易度が低いというイメージは間違いです。


プロミスのほうが審査難易度において銀行カードローンよりも低いイメージがあるのはこの審査スピードによるところも大きいです。審査結果が遅いと厳しいと勝手にイメージしてしまうからです。

 

これは単にプロミスのサービスがフリーキャッシングの顧客のニーズに最も対応しているということを意味します。